ビジョン

世界平和統一家庭連合のビジョンは、神様の真の愛を相続することです。
神様は、私たち人間を子として創造されました。そして、平和な世の中で人格を完成した相手に出会い、家庭を築き、子供を産み、幸せな家庭をつくることを望んでいらっしゃいましたが、人間が堕落することにより、神様の創造目的は成し遂げることができませんでした。

神様の真なる子となり、美しい真の愛を分かち合い、笑顔と幸福が溢れる家庭を築き、和合と調和、平和の世界を成すことこそが、神様の創造理想であり、私たち人類が歩むべき道だったのです。

世界平和統一家庭連合の教えの核心は家庭にあります。人は家庭の中で、子女の愛、兄弟姉妹の愛、夫婦の愛、父母の愛を身につけていきます。家庭はまさに「愛の学校」なのです。お互いに為に生きる真の愛の家庭が、社会、国家へと拡大していくことによって、真の世界平和は実現されるのです。

理想家庭
 

統一原理

世界平和統一家庭連合の教義である統一原理は、創始者である文鮮明師が16歳の時、天より啓示された真理の内容が核心となっています。

新しい真理とは、「私は誰なのか?」
私はどこから来たのか?」
「人生の目的は何なのか?」
死んだ後、私たちの生命はそのまま続くのか?」
神様は果たして存在されるのか?」
「神様は全能であられるのか、あるいは無力な存在なのか?もし、神様が全能であられるなら、何故人類世界の問題を解決してくださらないのか?」
「この地球上には何故多くの苦痛が存在するのか?」等、人生と宇宙の根本問題に対して、納得のいく解答を与え得るものでなければなりません。
このような全ての問題を解いてくれるものが、まさに統一原理なのです。

この原理を探求する為に、満身創痍になって、一日に十二時間も十四時間も祈祷したことが何年も続きました。その悲惨な姿を、皆さんは知っていますか。原理の本には血と汗と涙が絡み合っています。
-真のご父母様の生涯路程より-

 

原理講論は統一原理を解説したもので、①創造原理②堕落論③復帰原理から構成されています。

原理講論の全文はこちら

教義

 

祝福式

統一教会の祝福式とは、国境、文化、思想、宗教・宗派を超え、神様を中心とした家庭を築く為の結婚式で、父母の愛、夫婦の愛、兄弟姉妹の愛、子女の愛が調和した理想家庭の実現を目指しています。そのような家庭は、健全な社会の礎であり、平和世界実現の土台となるものです。

 

統一教会で行う祝福結婚式は、ただ単に男女が出会って一家庭をつくる婚礼式ではありません。今までの結婚式は、自分を中心としたものでしたが、私たちの結婚式は、神様に喜びを返すような内容をもって歴史を蕩減する貴い条件として、神聖で盛大に挙行します。私たちの結婚式とは、アダムとエバの堕落によって始まった神様の恨を解き、イエス様が成し遂げられなかった新郎新婦の基準を通過することだ、ということを「原理」は明らかに説明しているのです。
-み旨と世界より-

祝福式